川越観光

川越を自転車で観光

川越市は古い町並みが特徴なので自転車で観光出来るスポットがとても多いです。

 

風を切って思う存分川越を堪能出来ます。
川越には自転車を貸してくれるお店が多いのでまず自転車を借りましょう。
荷物を持ってハイキング気分でサイクリングするのも楽しいかもしれません。
その場合にはカゴ付自転車が必要なのですが自転車をレンタルしているお店では配備している場合が多いので安心です。
サイクリングは環境にも優しいですし健康にも良いですよね。
それに日頃のストレス発散にもなります
川崎の町並みを見ながらサイクリング出来んですから、贅沢な気がしますよね。

 

利用料金はいろいろですが1時間いくらというものが多いみたいです。
その他半日、1日などもよくあるので使いたい時間に合わせて利用出来るのが良いですね。

 

おすすめのレンタル自転車屋さんは駅からすぐのレンタサイクルです。
JR、江ノ電駅目の前に鎌倉駅前店・長谷店はあります。
川越駅も徒歩2分ですのでとても便利です。

 

せっかく川越まで来たのだから夜遊びも楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。実は男性向けには風俗のお店もあります。
川越デリヘル大宮デリヘルと並んで、埼玉の風俗の中でもレベルが高いようです。お店がたくさんありますので、気になるお店を見つけた方は試してみるのも面白いと思いますよ。


川越は、外国人観光客も多い街です

川越は、日本でも有数の観光地として知られています。海外から来日する国賓にも、日本を代表する歴史的景観を保存した地域として紹介されることが多く、東京からのアクセスもいいため、多くの外国の要人が訪れています。2007年には、天皇皇后両陛下がスウェーデン国王夫妻を案内することとなり、西武新宿線のお召し列車で行幸啓になりました。西武鉄道にとっては1993年以来の快挙として語られています。 

 

国土交通省が管轄する観光ルネサンス事業に指定されており、特に外国の富裕層の誘致促進を図っています。観光ルネサンス事業はこのほかに、北海道の洞爺湖や栃木県の日光などを選んでおり、これらの観光地の、地域の事業者や住民との調整を図りながら、外国人観光客の来訪を促進していくことになっています。川越はそういった中でもアクセスの良さを充分に活かした観光事業の拡大が期待されています。 外国人観光客向けのプロモーションビデオもコンペ方式で制作しており、海外に発信しています。

 

Youtubeなどの海外への発信力の高いサイトなどで公開しており、「リトル・エド」としての名前が知られるようになっています。東京近郊で交通の利便性が高く、江戸の街並みをそのままに残す、情緒のある街としての人気は上昇しています。海外のドラマのロケ地として用いられたり、ドキュメンタリーや取材など、海外メディアからの注目も年々高くなりつつあります。和服の伝統を受け継ぐ街でもあり、着物の着付けサービスなどは外国人観光客に人気があります。


川越の観光で外せないのが本丸御殿です

昔ながらの蔵の立ち並ぶ観光のメインストリート、蔵造りの通りから徒歩15分ほどの場所に川越市立博物館があり、川越の歴史や文化を学ぶことができます。この博物館の向かいにあるのが川越本丸御殿です。かつてここには川越城があり、歴史の舞台となってきた場所です。

 

ここは太田道灌の築城した城の現存する玄関にあたる部分と、移築・復元された家老詰所を見学できるようになっています。玄関とはいえ、大きく立派なもので、左右に長い廊下が続く様子は、まさに歴史のたたずまいです。廊下を歩くと風格のある大きな広間があります。貴重な資料を展示してあり、往年の様子を感じることのできる場所です。御殿の近くにある木立の中には、三芳野神社があります。ここは童謡の「とおりゃんせ」の発祥の地として有名です。格式高い社殿の周囲には公園があり、今も子どもたちの遊び場です。時を超えて人と人のつながりを感じることのできる場所です。本丸御殿の裏手に富士見櫓跡があり、往時をしのばせる遺跡として訪れる価値があります。

 

本丸御殿から北に足を延ばすと、氷川神社があります。ここは川越の総鎮守様で、大鳥居を構える神社です。鳥居の扁額の文字は勝海舟の直筆です。妊婦さんがなでると安産になると言われている戌岩や、人の形をした紙を流すとけがれを清めてくれるという川があります。絵馬山道は絵馬のトンネルになっており、数えきれないほど多数の絵馬が掛けられています。本殿は精緻な江戸彫りで囲まれており、江戸の名彫刻家とうたわれた嶋村源蔵の代表作とされています。